歴史・店名に込めた思い

当店の運営会社は「日東物産株式会社」。山口県出身の初代社長 竹田保が創業しました。

第二次世界大戦の前は、コークスの貿易業を行っており、「栄炭鉱」を名乗っていました。大戦での日本敗北は、海軍とも取引のあった「栄炭鉱」にとって大きな転換点となりました。

戦後間もない1948年に、初代は「日東物産株式会社」の新社名とともに、銀座の地で貿易業を再開しました。そして、1969年には三代目社長 竹田睦が祖業の貿易業で培った幅広い商流を活かして、銀座の地に当店の前身となる洋風飲食店を開業いたしました。その後、銀座の街が目まぐるしく変化するなかで、当店は著名な財界人をはじめ、歌舞伎関係者、銀座を愛する様々なお客様に支えられて、今日まで営業を続けてまいりました。

私たちは、戦後で物資の乏しい時代に、銀座の地から再決起し、商売で社会を明るくしようとした、初代の志を受け継いでいます。現在の店名「銀座 日東コーナー 1948」は、初代の熱い志に立ち返るという思いを込めています。

今では銀座の街の洋食店のひとつとして、おいしい料理はもちろんのこと、優れた顧客体験をご提供する使命があります。「お客様の笑顔は街の笑顔」であり、私たちの喜びです。少しでも多くのお客様に、おいしい料理と一緒に、楽しい時間を過ごしてもらえるよう、日々研鑽し続けていきます。

5代目店主 竹田大作

©  銀座 日東コーナー 1948 All Rights Reserved.
PAGE TOP